風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 川本三郎  エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

川本三郎「物語の向こうに時代が見える」

monogatarinomukou.jpg

川本三郎のおそらく最新の単行本であろうと思う。
図書館で予約しておいたが、短期間で借りることができた。
どちらかといえば地味な部類に属するこうした評論集は、新刊であってもあまり待たずに借りることができるのでありがたい。

今回の評論は映画ではなく、文芸評論である。
題名からも判るように、小説のなかから今という時代を読み解こうとするものだ。
とりあげた小説は24編、いずれも読み巧者である川本の目にかなった作家ばかりだが、そのなかに乙川優三郎、角田光代、車谷長吉、佐藤泰志、水村美苗といった好きな作家の名前があるのがうれしい。
なかでも先日読んだばかりの乙川優三郎と水村美苗がとりあげられているのが、偶然とはいえ格別うれしい。
その評論が身近なものとして頭に入ってくる。
逆に知らない作家や馴染のない作家のものは、興味深く、いちど読んでみたいと思うようになってくる。
ちなみに知らない作家のなかに平岡敏夫という人がいる。
香川県仲多度郡広島村(現丸亀市)生まれである。
広島というのは瀬戸内海に浮かぶ塩飽諸島のひとつ。
同じ郷土出身者にこういう人がいることを初めて知った。
これもこの本を読んだ収穫のひとつ。
こういうところにまで目が行き届いているのである。
改めて守備範囲の広さを認識させられた。
そしていつもながら巧みな読み解きに、唸らせられ、何度も頷きながら読み進んでいった。

たとえばそれは<自分の故郷、土地、場所を持っている作家は強い。その町を文学の生まれるところと思い定めて、静かに町に暮らし、作品を生み出していく。>といった書き出しではじまる「『鳥たちの河口』とミステリと」と題された野呂邦暢論の次のような文章。

<諫早に住んだからといって野呂邦暢は、郷土作家とは少し違う。代々、そこに根を下ろしていたわけではないし、土地の人間と濃い関係を作ろうとしたわけではない。当初は、経済的事情さえ許せば東京に出たいという気持ちもあったようだ。
 それが次第に諫早に落ち着くようになった。町の中心を本明川が流れ、それが有明海へと注ぐ。河口には茫漠たる干潟が広がる。その町の風景に心惹かれていった。
 土着の作家とは違う。いわば他所者である。他人の目で町を見る。第三者の視点で町の風景を見る。観察する。野呂邦暢は諫早の町にあっていつもアウトサイダーの位置に自分を置いた。他所者として生きる。そこから見えてくる風景を心にとめてゆく。そこに野呂邦暢の新しさ、面白さがあった。>

いかにも川本三郎好みの作家である。
こういう表現を読んでいるだけで、ドキドキと心拍数が上がってくる。
ぜひその小説を読んでみたいという気持ちにさせられる。
そしてそれを読んだ後、もういちどこの本を読み返してみようと思うのである。
いい本に巡り合えた。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

沢木耕太郎「銀の街から」

ginnomati.jpg

沢木耕太郎は朝日新聞で毎月1回映画について書いている。
2007年から始まった連載である。
そして2014年に180回を迎えた。
最初の90回までの連載が「銀の森へ」というタイトルで、次の90回が「銀の街から」というタイトルであった。
そこでその連載を2冊に分け、それぞれのタイトルをつけて出版することになったのである。

この本で取り上げられた映画のうち、観た映画を数えてみると41本。
約半分近くを観ていることになる。
観ていないものは拾い読み程度にサラッと読み、観ているものはじっくりと読んでいく。
観ていないものの情報はできるだけ少なくしたいというのがその理由だが、今後その映画を観るかどうかの目安になる情報だけは取得するようにしている。
この連載を始めるにあたって作者が考えたことは「その作品を見てみたい」と思わせるものにしたい、というものであった。
その考えはよく分かる。
自分もブログに映画や本の感想を書く時は、漠然とではあるが、それを読んだ人が少しでもその映画に関心をもってくれればいいなと思いながら書いている。
そういう人がひとりでもいれば成功だと思っている。
そしてその文章がもういちどその映画について考えるきっかけになってくれればいいという思いがある。
またそれは同時にこうした映画について書かれた本を読むときの心構えでもある。
人(作者)はその映画をどう見たか、どういうことを思ったか、そうした考えを読んでみたいと思うのである。
そして自分では気づかなかった観方や異なった観方に出会うことで、さらにその映画の世界を深く考えるきっかけにしたいと思うのである。
今回のこの本でもそうした場面に度々出会うことになった。
なるほどこうした見方もあるのか、あれはそういうことだったのか、と大いに参考になった。
そしてあまり面白いとは思わなかった映画が、評論を読むことで少し違ったものに見えてくることもあった。
映画は観てそれで終わりというものではない。
そこからまたもうひとつの映画が始まるのである。
それがこうした本を読む醍醐味である。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: 五木寛之  エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

五木寛之「新老人の思想」

sinroujin.jpg

先日、高齢者を65歳から75歳に引き上げるという発表が「日本老年学会」によってなされたが、これは元気な高齢者が増えたことによるもの。
今や4人に1人が65歳以上という超高齢化社会になったのである。
有史以来、初の時代の到来である。
そうしたなか人はどう老い、どう生きて行けばいいのかが問われるようになってきた。
それについては様々な著書が出版され、様々な提言がなされている。
この本もそうしたもののひとつである。

著者の五木寛之氏は1932年生まれ。
この本が出版されたのが2013年だから、その時点で81歳になる。
題名に「思想」とあるが、それほど大上段に構えたものではなく、その年齢を迎えての老いに関する様々な雑感を書き綴ったもの。
なるほどこういう考え方もあるのかと参考になるものや、日頃何となく考えていることをうまく纏めてくれたものもあり、興味は尽きない。
そうした経緯については、「あとがきにかえて」にまとめているので、それを書いておく。

< ここに集めた文章は、『下山の思想』とおなじく、日々、「日刊ゲンダイ」に書きつづったものから選んだ提言である。
 私自身が超高齢者の仲間に加わって、はじめて見えてきた世界があった。それは時代の変わり目に生きている、という実感である。
 すべての人々は、いずれ老いる。それだけではない。老いてなお世を去ることなく、数十年を生きなければならない。現在、青年期、壮年期に属する人びとも、あっというまに老年に達する。高齢者はもちろん、誰もが若いうちからその覚悟で生きる必要があるのだ。
 老人は、すでにある層ではない。それは他の世代と利害を異にする「階級」である、と私は思うようになった。
 「階級」は、いやおうなく対立する。他の「階級」におぶさって生きていこうなどという甘い考えは、もう通用しないだろう。私たちは可能な限り自立し、相互扶助をし、他の「階級」の好意に甘えておぶさるべきではない。
 そんな自戒をこめて書きつづった文章を集めて、『新老人の思想』というタイトルをつけた。
 これは私自身の悲鳴であり、またマニフェストでもある。「おれの墓場はおいらがさがす」などと若いころにうたった世代の人間として、その意地だけはつらぬきたいと思う。
 (中略)
 「起て、老いたる者よ」と、昔のメロディーにのせて口ずさむ今日この頃である。>

考えてみれば今年は60代最後の年になる。
そうした節目の年を迎えるに当たり、この本を読んだことは最良の選択であったように思う。
この本にも書いているように、これから歩き続ける老いの日々を悲観しすぎるのでも、楽観しすぎるのでもなく、ナチュラル・エイジングと捉えて生きていこうと思ったのである。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: 川本三郎  エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

川本三郎/筒井清忠「日本映画 隠れた名作」

kakuretameisaku.jpg

副題に「昭和30年代前後」とあるように、映画全盛時代に量産された日本映画のなかから、注目されずに忘れ去られてしまった名作の数々を掘り起し、再評価し直そうという対談本である。
著者は川本三郎と筒井清忠。
ともに古い日本映画に造詣の深いふたりだが、筒井清忠氏はこの本で初めて知った。
著者紹介文によると、帝京大学文学部日本文化学科教授とある。
昭和23年(1948)生まれなので、同年齢である。
東映のチャンバラ映画から始まったという映画遍歴は、われわれ団塊の世代にとっては共通の定番コースといえるものである。
そのためか昭和19年(1944)生まれの川本氏との対談を読んでいると、いっしょに話題に参加しているような気分になってくる。
各章はひとつのテーマのもと、何人かの監督たちが採り上げられており、その作品について話を進めて行くという体裁をとっている。
それらを列記していくと、家城巳代治、鈴木英夫、千葉泰樹、渋谷実、関川秀雄、清水宏、川頭義郎、村山新治、田坂具隆、滝沢英輔、野村芳太郎、堀川弘通、佐伯清、沢島忠、小杉勇、中村登、大庭秀雄、丸山誠治、中川信夫、西川克己といった監督たち。
「いつまでも<小津、黒澤>ばかりではないだろう、と私も思っており、いまではマイナーになってしまった監督を採りあげたいですね」と川本氏が語っているように、今ではあまり論じられることがなくなった監督たちばかりである。
そうした監督たちの知られざる映画の知られざる情報が、つぎつぎと語られていくのを読んでいると、あっという間に昭和の時代へと連れ戻され、時間を忘れてしまう。
楽しく懐かしい対談本である。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

テーマ : 日本映画  ジャンル : 映画


Category: 読書

Tags: エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

岡崎武志「上京する文學」

joukyou-bungaku.jpg

副題に「漱石から春樹まで」とある。
「上京」という切り口で、近代から現代に至る数々の文学作品を考察した本である。
採り上げられた作家は18人、登場順に書くと、斎藤茂吉(山形)、山本有三(栃木)、石川啄木(岩手)、夏目漱石、山本周五郎(山梨)、菊池寛(香川)、室生犀星(石川)、江戸川乱歩(三重)、宮沢賢治(岩手)、川端康成(大阪)、林芙美子(山口)、太宰治(青森)、向田邦子、五木寛之(福岡)、井上ひさし(山形)、松本清張(福岡)、寺山修司(青森)、村上春樹(京都)となる。
このうち漱石と向田邦子は東京生まれであるが、漱石には『三四郎』という上京小説があること、また向田邦子は父親の仕事の関係で幼くして東京を離れていたことから、採り上げられている。
ちなみにこのふたりを除いた16人を地域別に見てみると、東北6人、中部1人、関東2人、近畿3人、中国四国2人、九州2人である。
東北が圧倒的に多い。

こうした作家たちの顔ぶれを見ていると、近代以降の文芸の世界で、上京組がいかに重要な役割を果たしているかがよく分かる。
同時に東京という街が上京組にとって、どんなに憧れと魅力に溢れた街であったかということも。
期待と不安を抱えて上京、自由を味わいながら文学と格闘する彼らの姿を見るうちに、かつての自分のことがダブって見えてきた。
大学入学のために上京したのは、1996年。
井上ひさしが宮澤賢治について「自分の可能性は東京に出たらあると思っていたふしがある。」と書いているように、自分もそうしたことを漠然と考えながら上京したことを思い出した。
そして期待と不安のなか、東京と云う街に懸命に馴染もうとする日々があったことも。
その一番の障壁になったのは、やはり言葉の問題であった。
最初に住んだのは県人寮、そこは東京の中の田舎であった。
外出すれば東京、だがいったん寮に戻ればそこは方言を自由に喋れる田舎そのものの世界。
そんな中途半端な環境のため、いつまでたっても方言はとれないままであった。
こうした悩みは、多かれ少なかれ上京組には共通のものではあるが、なかでも訛りの強い東北人にとっては、それはことさら大きかったのではないかと思う。
たとえば井上ひさしは「東京人はきっと田舎者のわたしを愚かもの扱い」しているのではないかとの思いにさいなまれ、「訛りのある言葉を笑われやしないか」と激しい劣等感にとりつかれている。
ほとんどノイローゼ状態である。
そのいっぽうでは、寺山修司のように抜けなかった訛りを自分の個性とした者もいる。
また室生犀星のように東京の生活に疲れ切り、故郷へと逃げ帰ってしまうが、すぐにまた東京が恋しくなって舞い戻ってしまうなど、都落ちと上京を振り子のように何度も繰り返す者もいる。
そのようにそれぞれがそれぞれに様々な葛藤に苦しみながらも、やがて時間が経つにつれて次第にそうした悩みも解消されていき、東京と云う街に馴染んでいく。
そして江戸川乱歩が味わったような、都会のなかでの孤独や自由を謳歌するようになっていくのである。
乱歩は書く。
「青年時代、私は群衆の中のロビンソン・クルーソーとなるために浅草へ行った。知り人の全くいない大群衆の中にいることは、孤独の甘さを一層甘くしてくれるからである。」
こうした自分を無化してくれる都会の自由さは、上京者の特権のようなものかもしれない。
また斎藤茂吉のように、東京の郊外に故郷に似た風景を見つけ、それによって都市生活での挫折や憂鬱を晴らそうとする者もいる。
よくよく見れば東京という都会も、小さな田舎の集合体のようなものなのである。

このように上京者たちが味わったさまざまな格闘や自由から、時代を代表するさまざまな文学作品が生み出されていったのである。
各々の上京物語は、その作品同様まさに個性的。
それを読むことで、それぞれの作品がもつ魅力の一端に触れることができるのである。
今後はこれを手引きに、こうした作家たちの作品を読んでみたいと思っている。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017