FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 角田光代  

Comment (2)  Trackback (0)

角田光代「空中庭園」

kucyuteien.jpg
わが家では今、妻と娘たちが角田光代の小説に、はまっている。
きっかけは妻と次女とのちょっとした雑談から、始まった。
詳しい経緯は省くが、そこから話が発展して、角田光代の話題になり、妻が娘に「対岸の彼女」を読むことを勧めたのである。
そして図書館から角田光代の小説をつぎつぎと借りてきては読むということが始まった。
そのなかの一冊、「空中庭園」を読んだ妻から、「これはぜひ読んでみて」という強いオススメがあったので、読むことにした。

この小説を映画化した「空中庭園」は、一昨年に観ているが、残念ながらあまり印象には残っていない。
その原作ということなので、あまり期待はせずに読んでみたが、そのおもしろさに一気に読んでしまった。
いや、おもしろいというのとは、ちょっと違うかもしれない。
暗く重いものを心に刻まれて、それでも生きているっていいことだと思わせるような感覚、人間ってなんと愚かなものだろう、しかしまたなんと愛すべきものだろう、といった気持ちにさせられる小説であった。

物語は郊外の「ダンチ」で暮らすある家族の話。
「何ごともつつみかくさず」をモットーにしている、一見平和で幸せそうに見える家族。
だが、それぞれの心のなかには、当然のごとく悩みと秘密をもっている。
それが、家族それぞれの独白の形で語られていくなかで、次第に心の闇が見えてくるというもの。
まず娘の視点である「ラブリー・ホーム」、父親の視点「チョロQ」、母親の視点「空中庭園」、母方の祖母の視点「キルト」、そして弟の家庭教師として侵入してくる、父親の愛人の視点である「鍵つきドア」、最後が弟の視点「光の、闇の」という章立てになって物語は展開していく。

いくら家族といえども「何ごともつつみかくさず」なんてことはありえない。
そもそもそうした約束事自体が、異様で現実離れしているのだが、それは母親の少女時代の拭い難い記憶が、そんな馬鹿げたモットーを作り出したのである。
それが理想の家族の形だと母親は信じて疑わない。
かたくなにそれを守ることで崩れかけた家族を支えようとするが、そうすればするほど形はいびつに歪んでいってしまう。
そんな「幸せ家族の幻想」を必死に追い求める姿が滑稽でもあり、哀しくもある。
母親がベランダ庭園にいろんな草花を植えるが、どれもうまく育たない。
それがこの家族の姿を象徴しているようにも思える。
理想の庭園を思い描いているが、現実はけっして理想どおりには運ばない。
当たり前のことなのだが、そうした思い込みにとらわれていると、本当のことが見えてこない。
ますます空回りするばかりである。
そんなジレンマのなかで、いったいこの家族はどこへ行くのか。
大きな不安を抱えつつも、まだ完全には壊れていない、かすかな希望のようなものを残して物語は終わる。
暗く重い内容ではあるが、けっして暗く重いだけの気持ちにさせないのは、そのせいだろう。

対岸の彼女」でも思ったことだが、角田光代の人間を描くうまさには、唸ってしまう。
そんな角田ワールドの魅力を十二分に味わえる一冊であった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト



テーマ : 小説  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry薪づくり Older Entry魅惑のスタンダード・ポップス
Comments

空中庭園
はじめまして!

原哲さんの友人です。

「滑稽倶楽部」と共に毎日楽しみにしています。

私も以前「空中庭園」を映画で観ました。

小泉今日子主演だったと記憶しています。

今度はぜひ原作を読んでみます!
Re: 空中庭園
武蔵野淳子、こんにちは。
はじめまして。
「滑稽倶楽部」にコメントをお書きになっているのを、
いつも読ませていただいています。
こちらにもコメントしていただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。






カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019