FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Tags: 西部劇  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「荒野の誓い」

kouyachikai.jpg

1892年のニューメキシコ州。
クリスチャン・ベール演じる騎兵隊のジョー・ブロッカー大尉は、インディアン戦争で英雄と称えられた兵士である。
長年インディアンと戦い退役間近のブロッカー大尉に、引退前の最後の仕事として、収監されているシャイアン族の酋長イエロー・ホーク(ウェス・ステューディ)とその家族を、故郷のモンタナまで護送せよとの任務が下される。
癌を患い死期が迫ったイエロー・ホークの、故郷で死にたいとの願いを聞き入れたからだ。
だがブロッカー大尉にとってイエロー・ホークは仇敵である。
インディアン戦争で大勢の部下を殺されており、憎んでも憎み切れない因縁の相手である。
そんな男の護送などもってのほかと固辞するが、軍隊において命令を拒否することなど許されない。
渋々任務に就くことになる。

旅の途中、家族を皆殺しにされた女性ロザリー(ロザムンド・パイク)を保護、彼女も加えた一行の旅が続くが、その先には多くの危険が待ち受けていた。
ひとりまたひとりと傷つき殺され、メンバーの数が減ってゆく。
過酷な旅を続けるためには互いに協力し合い、支え合わなければならない。
そうした状況を共有するなかで、ブロッカー大尉とイエロー・ホークの間にあった憎しみは次第に薄れてゆく。
そして旅の最後には互いに赦し合い、イエロー・ホークはインディアンの聖地で誇り高い最期を迎えることになる。
ブロッカー大尉がイエロー・ホークに歩み寄って呟く。
「私もあなたも多くの友を失った。誰にも死は訪れる。過去を振り返るのはやめよう。友よ。私の一部はあなたと共に死ぬ」
その和解の言葉に心が震えた。

分断された世界での人種差別、憎悪と怒り、そしてそれを越えた贖罪と和解が、この映画の大きなテーマだ。
それを激しい暴力と、思索的で静謐な場面の繰り返しのなかで描き出してゆく。
見ごたえのある西部劇だ。

ちなみに原題は『Hostiles』。
「敵対者たち」という意味である。

クリスチャン・ベールにとっては「3時10分、決断のとき」以来の西部劇。
まさに適役。
これによってまた新たな魅力を見せてくれた。
スポンサーサイト





Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「仁義の墓場」

025-1.jpg

渡哲也が亡くなった。
享年78歳、直腸がん、大腸がん、心筋梗塞の手術のほか胸膜炎、呼吸器疾患など、長きにわたる病の連続、その闘いの末の逝去であった。
ご冥福をお祈りいたします。

渡哲也主演の映画の中でいちばん印象に残っているのは、日活作品ではなく、1975年に製作された東映作品「仁義の墓場」である。
戦後の混乱期を狂犬のように生き、30年という短い生涯に自ら幕を引いて逝った、伝説のヤクザ・石川力夫の壮絶な生き様を描いた作品である。
それを深作欣二監督が躍動感あふれる映像で描き上げている。

主人公石川力夫はやくざさえもが手を焼くやくざ。
いちど走り出したら誰も止めることはできない。
まさに「荒ぶる魂」を抱え持った狂犬のようなやくざである。
それを渡哲也がただならぬ殺気を漲らせて演じている。
その狂気の姿には、ただただ息を呑むしかない。
日活での「無頼」シリーズのやくざ人斬り五郎の殺気も凄かったが、それを上回る迫力である。
そして自滅への道をひたすら走り抜けてゆく。
最後に残された石川力夫の辞世の句「大笑い 三十年の馬鹿騒ぎ」が哀しくも強烈な印象として今も残っている。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 未分類

Tags: ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」

bad-genius.jpg

高校生たちが試験のカンニングをするというだけの話で、果たして面白い映画などできるのか。
いったいどんな映画なのかと、観る前はあまり期待をしていなかったが、これほど面白い映画だったとは。
まずはそのことに驚かされた。
いい意味で予想外だった。
とにかくよく出来た映画だ。

語り口のうまさは、まさにお見事のひと言。
いかに巧妙に気づかれないでカンニングを成功させるかという展開は、並の犯罪ミステリーをはるかにしのぐ面白さ。
終始味わえる緊迫感も並ではない。

さらに特筆すべきは、主人公の天才女子高生リンを演じるチュティモン・ジョンジャルーンスックジンの可愛さ。
黒木華と蒼井優を合わせたような個性的な顔に長い手足。
けっして美人というわけではないが強く惹きつけられる。
そんな彼女の魅力がこの映画の大きなプラス要素になっている。
調べてみると、15歳からモデルとして活動しており、この映画が初出演ということだ。
だが初出演とは思えない見事な演技を披露しており、適役、大いに魅了された。

古今東西、いずれの国でも競争社会の厳しさは変わることはない。
それを生き抜いていくことは並大抵のことではない。
それを基にこうした面白い映画を作り出したことは、素晴らしい。
あまり馴染のないタイ映画だが、これほどレベルの高い映画があるとは。
侮るべからずである。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 外国映画

Tags: 西部劇  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「さすらいのカウボーイ」

hired-hand.jpg

50年ぶりにBSで観なおした「さすらいのカウボーイ」。
だがその佳さはまったく色褪せていなかった。
アメリカン・ニューシネマを代表する作品で、新しい感覚で撮られた西部劇。
終始静かに展開する。
西部劇ということで、当然銃の撃ち合いも描かれるが、派手な銃撃戦というわけではなく、あっけないほど地味なもの。
従来のヒーローものの西部劇を期待すると肩すかしをくってしまうが、逆にそこがこの映画の佳さである。
内省型の西部劇といってもいいかもしれない。

主人公ふたり(ピーター・フォンダとウォーレン・オーツ)は、終始言葉少なで多くを語らない。
だからこそその表情から多くのものが伝わってくる。
そして時折語られるセリフのひと言、ひと言が含蓄に富んで重みがある。
長年ふたりだけで放浪生活を送って来た厳しさが、言葉の端々から滲み出てくる。

さらに男(ピーター・フォンダ)の身勝手さから、7年間置き去りにされた妻を演じるベルナ・ブルームの存在も忘れ難い。
「人生に疲れ」突然家に帰って来た彼を、すぐには夫として受け入れず、とりあえずウォーレン・オーツとふたり「働き手」として雇うことにする。
それが原題の「The Hired Hand」の意味である。

ピーター・フォンダを中心にした3人の微妙な関係が、きめ細かく描かれて味わい深い。
家族、友情、夢などのなかで揺れ動く男心が、切なくも身に染みる。
そしてそうした物語をヴィルモス・スィグモンドの美しい映像と、ブルース・ラングホーンの詩的な音楽が叙情的に盛り上げる。

監督は主演でもあるピーター・フォンダ。
これが初監督作である。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 月別観た映画と読んだ本

Comment (0)  Trackback (0)

今月観た映画と読んだ本(2020年4月)

観た映画


aigananda-s.jpg「愛がなんだ」(DVD)
2019年 監督:今泉力哉 出演:岸井ゆきの/成田凌/深川麻衣/若葉竜也/穂志もえか/片岡礼子/筒井真理子/江口のりこ


beale.jpg「ビール・ストリートの恋人たち」(DVD)
2018年アメリカ 監督/脚本:バリー・ジェンキンス 出演:キキ・レイン/ステファン・ジェームス/レジ―ナ・キング/コールマン・ドミンゴ/マイケル・ビーチ/ディエゴ・ルナ/エド・スクライン/ブライアン・タイリー・ヘンリー/デイヴ・フランコ


kiboutoiuna.jpg「僕たちは希望という名の列車に乗った」(DVD)
2018年ドイツ 監督/脚本:ラース・クラウメ 出演:レオナルト・シャイヒャー/トム・グラメンツ/レナ・クレンク/ヨナス・ダスラー


kimisuiso.jpg「君の膵臓をたべたい」(DVD)
2018年 監督:月川翔 出演:浜辺美波/北村匠海/大友花恋/小栗旬/北川景子/上地雄輔


akaikawa.jpg「赤い河」(BSプレミアム)
1948年アメリカ 監督:ハワード・ホークス 出演:ジョン・ウェイン/モンゴメリー・クリフト/ジョアン・ドルー/ウォルター・ブレナン/コリーン・グレイ/ジョン・アイアランド/ノア・ビアリー・ジュニアチーフ・ヨウラチェ/ハリー・ケイリー


nitiniti.jpg「日日是好日」(DVD)
2018年 監督/脚本:大森立嗣 出演:黒木華/樹木希林/多部未華子/原田麻由/川村紗也/鶴田真由/鶴見辰吾


tary.jpg「タリーと私の秘密の時間」(DVD)
2018年アメリカ 監督:ジェイソン・ライトマン 出演:シャーリーズ・セロンマッケンジー・デーヴィス/マーク・デュプラス/ロン・リヴィングストン/キティ・クリスタル/エイミー・ハインズ


apchi.jpg「アパッチ」(BSプレミアム)
1954年アメリカ 監督:ロバート・アルドリッチ 出演:バート・ランカスター/ジーン・ピータース/ジョン・マッキンタイア/チャールズ・バチンスキー/ジョン・デナー/ポール・ギルフォイル


sunset.jpg「サンセット大通り」(DVD)
1950年アメリカ 監督:ビリー・ワイルダー 出演:ウィリアム・ホールデン/グロリア・スワンソン/エリッヒ・フォン・シュトロハイム/ナンシー・オルソン


sinya_202005012044201de.jpg「深夜の告白」(DVD)
1944年アメリカ 監督:ビリー・ワイルダー 出演:バーバラ・スタンウィック/フレッド・マクマレイ/エドワード・G・ロビンソン/ジーン・ヘザー/トム・パワーズ


johu.jpg「情婦」(DVD)
1957年アメリカ 監督:ビリー・ワイルダー 出演:タイロン・パワー/マルレーネ・ディートリッヒ/チャールズ・ロートン/エルザ・ランチェスター/ジョン・ウィリアムス/ヘンリー・ダニエル


tantei.jpg「探偵物語」(DVD)
1951年アメリカ 監督:ウィリアム・ワイラー 出演:カーク・ダグラス/エレノア・パーカー/ウィリアム・ベンディックス/キャシー・オドネル/バート・フリード/フランク・フェイレン/ルイス・ヴァン・ルーテン/クレイグ・ヒル


omei.jpg「汚名」(DVD)
1946年アメリカ 監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:イングリッド・バーグマン/ケーリー・グラント/クロード・レインズ/ルイス・カルハーン/レオポルディーネ・コンスタンチン/ラインホルト・シュンツェル


satujinkyo.jpg「チャップリンの殺人狂時代」(BSプレミアム)
1947年アメリカ 監督/脚本:チャールズ・チャップリン 出演:チャールズ・チャップリン/マディー・コレル/アリソン・ロダン/ロバート・ルイス/マーサ・レイ/イソベル・エルソム/マリリン・ナッシュ


last-stage.jpg「僕たちのラストステージ」(DVD)
2018年イギリス/カナダ/アメリカ 監督:ジョン・S・ベアード 出演:スティーヴ・クーガン/ジョン・C・ライリー/シャーリー・ヘンダーソン/ニナ・アリアンダ/ルーファス・ジョーンズ/ダニー・ヒューストン


kirinohatoba.jpg「霧の波止場」(DVD)
1938年フランス 監督:マルセル・カルネ 出演:ジャン・ギャバン/ミシェル・シモン/ミシェル・モルガン/ピエール・ブラッスール/エドゥアール・デルモン/ロベール・ル・ヴィギャン/レイモン・エーモス


dirty-h4.jpgダーティハリー4(BSプレミアム)
1984年アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド/ソンドラ・ロック/パット・ヒングル/ブラッドフォード・ディルマン/ポール・ドレーク/ジャック・チボー/マイケル・カリー


jaws.jpg「ジョーズ」(BSプレミアム)
1975年アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ロイ・シャイダー/ロバート・ショウ/リチャード・ドレイファス/ロレイン・ゲイリー/マーレイ・ハミルトン


kokoroto.jpg「心と体と」(DVD)
2017年ハンガリー 監督/脚本:イルディコー・エニェディ 出演:アレクサンドラ・ボルベーイ/ゲーザ・モルチャーニ/レーカ・テンキ/エルヴィン・ナジ




読んだ本



imasyo.jpg「今村昇平 映画は狂気の旅である」(今村昇平 自伝)


wasedade.jpg「あのころ、早稲田で」(中野翠 エッセイ)


hikaritokage.jpg「光と影を映す」(山田太一 インタビュー)


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 外国映画

Tags: 西部劇  クリント・イーストウッド  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「許されざる者」

yurusarezaru.jpg

西部劇という型にはまらない西部劇、異色の西部劇である。
テレビ映画「ローハイド」に始まり長年西部劇にこだわ続けてきたクリント・イーストウッドが、自身最後の西部劇として監督・製作・主演して撮った作品。

ここに登場する主人公ウィリアム・マニーは、イーストウッドがこれまで演じてきたようなヒーローではない。
かつては列車強盗や保安官殺しで名を馳せた無法者である。
しかしそんな彼が、愛する女性と出会って家庭をもち、銃を捨てて農夫となった。
そしてふたりの息子にも恵まれた。
だがそうした穏やかな生活も長くは続かず、3年前に妻は亡くなり、農業の収穫も少なく、今は貧困にあえいでいる。
そんな彼が、貧困から抜け出すために、再び銃を手にするというのが主なストーリーである。

しかし長年銃を持つことから離れていたため腕は落ち、狙った的に当てることができない。
さらにまともに馬を乗りこなすこともできない。
このあたりの不様で情けないイーストウッドの姿が微笑ましい。
そんな年老いたガンマンが、果たして賞金稼ぎのために荒くれ者たちと戦うことができるのか。
危うさを抱えたまま、相棒ネッド(モーガン・フリーマン)と経験の乏しい若者と連れ立って、目指す町へと乗り込んでゆく。
そこで待ち構えるのは、ジーン・ハックマン演じる保安官リトル・ビル。
正義のためにはどんなことをしても許されると考える人物である。
そんな独裁的で危険な保安官相手に、老ガンマンが戦いを挑んでゆく。
無謀とも思えるその戦いの顛末は、果たして如何に?

人間は正義と悪というふうに単純に色分けできるものではないとの認識のもとに、この映画は作られている。
絶対的な悪が存在しないと同時に、絶対的な善も存在しない。
人間のもつ多様性を勧善懲悪を常とする西部劇の中で描こうとした。
それはイーストウッドがこれまで関わって来た西部劇のなかで描かれてきた善と悪という単純な構造の世界とは異なるもの。
そうした構造をいちどぶっ壊し、再構築してみたのがこの映画である。
そこにイーストウッドの衰えることのない作家精神の輝きを見ることができる。

この作品はイーストウッドの映画作りの師となった2人の監督、セルジオ・レオーネとドン・シーゲルに捧げられている。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 外国映画

Tags: 西部劇  クリント・イーストウッド  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「荒野の用心棒」

koya.jpg

1964年にイタリアで制作されたマカロニ・ウェスタン、監督はセルジオ・レオーネ、そして音楽はエンニオ・モリコーネ。

黒澤明の「用心棒」をベースに作られたイタリア版西部劇だが、黒澤明の許可を得ないままの映画化だったため、公開後盗作問題になる。
結局和解して問題は解決されるが、社会問題として大きく取り上げられたことから話題を呼び、異例のヒットとなる。
しかしそうした話題性だけでなく、本家のアメリカ版西部劇とは違った面白さが多くのファンを獲得、以後続々とイタリア版西部劇が作られることになった。
そしてその一大ブームとなったイタリア版西部劇を名づけて、マカロニ・ウェスタン(名づけ親は映画評論家の淀川長治)と呼ぶようになった。

この時イーストウッドが演じた「名無しの男」のキャラクターは、後に彼が演じることになるダーティーハリーを始めとした男たちのキャラクターに繋がっている。
すなわちガンさばきがうまく、皮肉屋で、苦虫を噛み潰したような表情をしたアウトロー。
外見はクールだが内には燃えるような熱いものを秘めた男。
その原型が、この「名無しの男」である。

そしてこの映画最大の見どころは、ラストの対決。
静まり返った町の外れで突然ダイナマイトが爆発、高く舞い上がった煙のなかから現れるイーストウッド。
そこに流れるエンニオ・モリコーネの口笛の曲。
息をのむような緊張感に満たされるなか、イーストウッドがたったひとりで5人の男に立ち向かってゆく。
しかもライフル対拳銃という不利な対決。
しかしそれをあっと驚く方法で逆転してしまう。
その爽快さ、意外性に拍手喝采である。

イーストウッドの出世作。
すべてはここから始まった。




Category: 外国映画

Tags: クリント・イーストウッド  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「ダーティハリー4」

dirty4.jpg

BSプレミアムで放映された「ダーティハリー4」を観た。
製作されたのは、1984年。
初めて観たのは2013年、続いて2016にもういちど、そして今回と、これで3回目になる。
ちなみにシリーズ第1作が作られたのが1971年だから、これは13年後の製作ということになる。
クリント・イーストウッド自らの監督作でもある。

今回扱う事件は男たちが急所を撃ち抜かれて次々と殺される連続殺人事件。
その裏には過去に行われた集団レイプ事件があり、その被害者の女性(ソンドラ・ロック)による加害者のゴロツキたちに対する復讐劇である。
目指す相手を探し当て、ひとりひとり血祭りにあげていく彼女の犯行と、忍び寄る危機にうろたえるゴロツキたち、さらにそれを追うキャラハン刑事の三つどもえの攻防戦が繰り広げられる。
そしてそこに例によってキャラハン刑事の、別な事件でのダーティーな捜査がいろいろと挟みこまれてゆく。
メインのストーリーはもちろん面白いが、脇道のこれらの事件のほうが、よりキャラハンらしさが出ていて、楽しめる。

さらに特筆すべきは、脇役としてブルドックが出演していること。
同僚の刑事からプレゼントされた犬で、キャラハンのいい相棒になってゆく。
以前観た「パターソン」のブルドックも愛すべき存在だったが、こちらのブルドックも負けていない。
いい芝居を見せてくれる。
なかなか憎い味付けである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 月別観た映画と読んだ本

Comment (0)  Trackback (0)

今月観た映画と読んだ本(2020年3月)

観た映画

makeinuno.jpg負け犬の美学(DVD)
2018年フランス 監督/脚本:サミュエル・ジュイ 出演:マチュー・カソヴィッツ/オリヴィア・メリラティ/ソレイマヌ・ムバイエ/ビリー・ブレイン


manbiki-s.jpg万引き家族(DVD)
2018年 監督/脚本:是枝裕和 出演:リリー・フランキー/安藤サクラ/松岡茉優/池松壮亮/城桧吏/佐々木みゆ/緒形直人/森口瑤子/柄本明/高良健吾/池脇千鶴/樹木希林


blank13-s.jpg「blank13」(DVD)
2017年 監督:齊藤工 出演:高橋一生/松岡茉優/齊藤工/神野三鈴/織本順吉/村上淳/神戸浩/福士誠治/蛭子能収/佐藤二朗/リリー・フランキー


ganjisu.jpg「ガンジスに還る」(DVD)
2016年インド 監督/脚本:シュバシシュ・ブティアニ 出演:アディル・フセイン/ラリット・ベヘル/ギータンジャリ・クルカルニ/パロミ・ゴーシュ/ナヴニンドラ・ベヘル/アニル・ラストーギー


7buraikan.jpg「七人の無頼漢」(BSプレミアム)
1956年アメリカ 監督:バッド・ベティカー 出演:ランドルフ・スコット/ゲイル・ラッセル/リー・マービン/ジョン・ラーチ/ドナルド・バリー/ジョン・フィリップス/チャック・ロバースン/スティーヴ・ミッチェル


hitler.jpg「帰ってきたヒトラー」(DVD)
2015年ドイツ 監督/脚本:デヴィッド・ヴェンド 出演:オリヴァー・マスッチ/フランツィシカ・ウルフ/カッチャ・リーマン/ファビアン・ブッシュ/クリストフ・マリア・ヘルプスト/ラース・ルドルフ/マイケル・ケスラー/トーマス・ティーメ


aporon.jpg坂道のアポロン(DVD)
2018年 監督:三木孝浩 出演:知念侑李/中川大志/真野恵里菜/山下容莉枝/松村北斗/野間口徹/中村梅雀/ディーン・フジオカ


concussion.jpg「コンカッション」(DVD)
2015年イギリス/オーストラリア/アメリカ 監督/脚本:ピーター・ランデスマン 出演:ウィル・スミス/アレック・ボルドウィン/アルバート・ブルックス


3god-f.jpg三人の名付け親(BSプレミアム)
1948年アメリカ 監督:ジョン・フォード 出演:ジョン・ウェイン/ペドロ・アルメンダリス/ハリー・ケイリー・ジュニア/ワード・ボンド/ベン・ジョンソン/メエ・マーシュ/ジェーン・ダーウェル/ドロシー・フォード/ミルドレッド・ナットウィック/ガイ・キッビー/チャールズ・ハルトン


kibouhoh.jpg「喜望峰の風に乗せて」(DVD)
2017年イギリス 監督:ジェームズ・マーシュ 出演:コリン・ファース/レイチェル・ワイズ/デヴィッド・シューリス/ケン・ストット/マーク・ゲイティス


red-tartle-s.jpg「レッドタートル ある島の物語」(DVD)
2016年日本/フランス/ベルギー 監督/脚本/原作:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット


hasekai-s.jpg「半世界」(DVD)
2018年 監督/脚本:阪本順治 出演:稲垣吾郎/長谷川博己/渋川清彦/池脇千鶴/竹内都子/堀部圭亮/杉田雷麟/信太昌之/小野武彦/石橋蓮司


hunter-killer-s.jpg「ハンターキラー 潜航せよ」(DVD)
2018年アメリカ 監督:ドノヴァン・マーシュ 出演:ジェラルド・バトラー/ゲイリー・オールドマン/コモン/リンダ・カーデリーニ/トビー・スティーヴンス/ミカエル・ニクヴィスト


hibiki-s.jpg響 HIBIKI(DVD)
2018年 監督:月川翔 出演:平手友梨奈/アヤカ・ウィルソン/高嶋政伸/柳楽優弥/北村有起哉/吉田栄作/小栗旬/北川景子




読んだ本


north-light-s.jpgノースライト(横山秀夫 ミステリー)



ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「響 HIBIKI」

hibiki.jpg

漫画が原作のアイドル映画だろうとの予想を覆しての、この面白さ。
先の読めない展開に、釘づけになってしまった。

15歳の女子高生が書いた小説が芥川賞、直木賞を同時受賞するという荒唐無稽さ。
奇想天外な話だが、それを不自然に感じさせない。
映画が持つ力、物語がもつ力なんでしょうね。
とにかく主人公の女子高生・響の自由奔放ぶりが痛快だ。
自分の考えをけっして曲げず、反対意見に対しては真向から挑む。
そして最後は有無を言わせず、暴力によって相手をねじ伏せてしまう。
わずか15歳の女子高生が、そんな過激な行動で怯むことがない。
現代のピカレスクロマンともいえる内容だ。

主人公・響を演じるのは欅坂46の平手友梨奈。
アイドルとは思えない押しの強さ、ふてぶてしさは特筆もの。
謎を秘めたキャラクターになり切っている。
脇を固めるのは、北川景子、柳楽優弥、小栗旬、北村有起哉といった主役級の俳優たち。
豪華極まりない布陣である。

あまり期待していなかっただけに、面白い映画と出会った満足感には人一倍大きいものがある。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑




カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2021