FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「検察側の罪人」

kensatugawa.jpg

先日の夜、映画「検察側の罪人」を観に行った。
家内が原作である雫井修介の小説を読んで面白かったので、映画も観たいということになり、一緒について行くことにしたのである。
雫井脩介の小説の映画化作品は以前「犯人に告ぐ」という映画を観て面白かった記憶がある。
その映画では豊川悦司演じる刑事が主役だったが、この映画では木村拓哉と二宮和也のジャニーズふたりが検事を演じて話題をよんでいる。
だがこのふたりが検事というのはいささか軽いのではと思ったが、映画を観るとそれはまったくの杞憂であった。
とくに二宮和也の演技には、瞠目させられるものがあった。
以前から俳優としての資質の高さには注目していたが、この映画ではこれまでとはまた違った良さを見せてくれた。
また闇社会のブローカー役である松重豊、殺人犯役の酒匂芳(さこう よし)の怪演にも目を見張らされた。
なかでも酒匂芳はこの映画で初めて知ったが、その異様なほどの存在感には戦慄を覚えるほど。
そしてこのふたりを相手に一歩も引かずに取り調べを行う場面の迫力は、この映画の大きな見どころであった。
尋問をのらりくらりとかわす海千山千の男たちを相手に、二宮和也が押したり引いたりと戦術の限りを尽くして有力な証言を得ようと奮闘する姿には感動さえ覚えたのである。
童顔で柔に見える外見からは考えられないような迫力ある演技には心底唸らされた。
まさに正義感溢れる若手検事そのものであった。
説得力ある演技は、いつまでも心に残ったのである。

ただそうした演技の良さに比べて、ストーリーの展開がいまいちよく判らない部分があって難渋した。
また二宮和也の上司である最上検事(木村拓哉)の動機が、いまひとつ説得力がない。
そうした点を確かめることも含めて、原作本を読んでいるところである。
家内の言によれば、原作のほうが数倍いいとのこと。
映画が良かっただけに、その数倍いいという小説を読み終えるのが楽しみだ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 映画館で観た映画  ジャンル : 映画


Category: 月別観た映画と読んだ本

Comment (0)  Trackback (0)

今月観た映画と読んだ本(2018年8月)

観た映画


br2049_20180901060643c65.jpg「ブレードランナー 2049 BLADE RUNNER 2049」(DVD)
2017年アメリカ 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ハリソン・フォード/ライアン・ゴズリング/ロビン・ライト/アナ・デ・アルマス/シルヴィア・フークスデイヴ・バウティスタ/ジャレッド・レト/エドワード・ジェームズ・オルモス


detroit.jpg「デトロイト DETROIT」(DVD)
2017年アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジョン・ボイエガ/ウィル・ポールター/ジャック・レイナー/アンソニー・マッキー/アルジー・スミス/ジェイソン・ミッチェル/ベン・オトゥールオースティン・エベール/ジェイコブ・ラティモア


kokuson.jpg「哭声/コクソン」(DVD)
2016年韓国 監督/脚本:ナ・ホンジン 出演:クァク・ドウォン/ファン・ジョンミン/國村隼/チョン・ウヒ/キム・ファンヒ


taiyounonakano.jpg「太陽の中の対決」(DVD)
1967年アメリカ 監督:マーティン・リット 出演:ポール・ニューマン/フレドリック・マーチ/リチャード・ブーン/ダイアン・シレント/キャメロン・ミッチェル/バーバラ・ラッシュ/マーティン・バルサム


kibounokanata.jpg「希望のかなた」(DVD)
2017年フィンランド 監督/脚本:アキ・カウリスマキ 出演:シェルワン・ハジ/サカリ・クオスマネン/イルッカ・コイヴラ/ヤンネ・ヒューティアイネン/ヌップ・コイブ/カイヤ・パカリネン/ニロズ・ハジ/サイモン・フセイン・アルバズーン/カティ・オウティネン/マリヤ・ヤルヴェンヘルミ


cafe-society-s.jpgカフェ・ソサイエティ(DVD)
2017年アメリカ 監督/脚本:ウディ・アレン 出演:ジェシー・アイゼンバーグ/クリステン・スチュワート/ブレイク・ライブリー/スティーヴ・カレル/パーカー・ポージー/ジーニー・バーリン/コリー・ストール/ケン・ストット


katuragi-s.jpg葛城事件(DVD)
2016年 監督/脚本:赤堀雅秋 出演:三浦友和/南果歩/新井浩文/若葉竜也/田中麗奈


toritati.jpg彼女がその名を知らない鳥たち(DVD)
2017年 監督:白石和彌 出演:蒼井優/阿部サダヲ/松坂桃李/村川絵梨/赤堀雅秋/赤澤ムック/中嶋しゅう/竹野内豊


j-world.jpg「ジュラシック・ワールド 炎の王国」()
2018年アメリカ 監督:J・A・バヨナ 出演:クリス・プラット/ブライス・ダラス・ハワード/B・D・ウォン/ジェームズ・クロムウェル/テッド・レヴィン/ジャスティス・スミス/ジェラルディン・チャップリン/ジェフ・ゴールドブラム


el-aramain.jpg「炎の戦線 エル・アラメイン」(BSプレミアム)
2002年イタリア 監督/脚本:エンゾ・モンテレオーネ 出演:パオロ・ブリグリア/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/エミリオ・ソルフリッツィ/ルチアーノ・スカルパ/トマ・トラバッチ/シルヴィオ・オルランド/ロバート・シトラン/ジュゼッペ・チェデルナ


tonnel-s.jpgトンネル 闇に鎖(とざ)された男(DVD)
2016年韓国 監督/脚本:キム・ソンフン 出演:ハ・ジョンウ/ペ・ドゥナ/オ・ダルス/チョン・ソギョン/パク・ヒョックォン/シン・ジョングン


giants.jpg「ジャイアンツ」(BSプレミアム)
1956年アメリカ 監督:ジョージ・スティーヴンス 出演:ロオク・ハドソン/エリザベス・テーラー/ジェームス・ディーン/ジェーン・ウィザース/チル・ウィルス/キャロル・ベイカー/マーセデス・マッケンブリッジ/デニス・ホッパー/ジュディス・イヴリン/ポール・フィックス/サル・ミネオ


hitorawasure.jpgヒトラーの忘れもの(DVD)
2015年デンマーク/ドイツ 監督/脚本:マーチン・サントフリート 出演:ローラン・ムラ/ミケル・ボー・フォロスゴー/ルイス・ホフマン/ジョエル・バズマン/エーミール・ベルトン/オスカー・ベルトン


sarabahuyuno.jpg「さらば冬のかもめ」(BSプレミアム)
1973年アメリカ 監督:ハル・アシュビー 出演:ジャック・ニコルソン/オーティス・ヤング/ランディ・クエイド/クリフトン・ジェームズ/キャロル・ケイン/マイケル・モリアーティ/ルアナ・アンダース/キャスリーン・ミラー/ナンシー・アレン/マイケル・チャップマン




読んだ本


pronotessoku_20180901060812e68.jpg「プロフェッショナルの鉄則」(五木寛之 対談集)


100sai-dokusyo.jpg「百歳までの読書術」(津野海太郎 エッセイ)


honbre.jpg「オンブレ」(エルモア・レナード 西部小説)


dokusyo-kouya.jpg「読書という荒野」(見城徹 エッセイ)


dokkyorojin.jpg「独居老人スタイル」(都築響一 ルポ)


mukoku.jpg「武曲(むこく)」(藤沢周 現代小説)



ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑




Category: 外国映画

Tags: 戦争映画  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「ヒトラーの忘れもの」

landofmine.jpg

第2次世界大戦終結後、デンマークにドイツ軍が埋設した地雷が大量に残された。
その数200万個ともいわれている。
それがこの映画の題名になった「ヒトラーの忘れもの」である。
その残された地雷を除去するために駆り出されたのが、ドイツ軍の捕虜たちである。
そしてその多くが少年兵であった。
そうした事実に基づいて作られたのが、この映画である。

映画を観てまず驚かされるのは、その歴史的事実である。
少年兵のほとんどが、まだあどけなさの残る10代の少年たち。
そんな兵士たちがいたことにまず驚かされる。
それは大戦末期に、追いつめられたドイツが、徴兵年齢を10代半ばにまで引き下げたことによる。
年端も行かない子供たちまで戦争に駆り出し、しかも戦争終結後は国に帰ることが許されず、こうした過酷な作業に従事させられたのである。
地雷除去に従事させられた捕虜の数は、2600名。
そのうち半数が死亡、もしくは重傷を負い、除去した地雷の数は、140万個にも及んだということである。

映画の舞台となっているのは、デンマークの西海岸の小さな村。
そこで11人の少年兵が、砂浜に埋められた地雷の除去を命じられる。
その数4万5千個。
それを3ヶ月かけてすべて取り除くというのである。
計算すると1日500個、ひとりあたり50個弱ということになる。
それをすべて手作業で行う。

地雷除去というのは、熟練した専門の人間が行う場合でも、慎重の上にも慎重を期して処理しなければいけない。
それをごく簡単な訓練を受けただけの、ほとんど素人同然の少年たちが行うのである。
しかもまともな食事も与えられないという劣悪な環境の中で。
毎日が死の恐怖との闘い。
地雷除去に失敗して犠牲になる者は後を絶たず、ひとり欠けふたり欠けと仲間は減ってゆく。
これはもうほとんど拷問に近い。
いつ爆発するかもしれない地雷除去のシーンの緊迫感は凄まじい。
見ているだけで、緊張が強いられる。

少年たちを管理するのは、デンマーク軍の屈強の古参兵であるラスムスン軍曹。
ドイツ兵に対して人一倍憎しみを抱いた軍人である。
それは少年兵といえども同様で、いっさい容赦はない。
戦争による憎しみの連鎖の激しさを思い知らされる。
そんなラスムスン軍曹が少年兵たちと過ごすなかで、少しづつ変化していく様子には、厳しさだけではない隠された人間性を垣間見ることができる。
そこにこの映画のわずかな救いがある。

戦争がもたらす悲劇の形は様々だが、いずれもわれわれの想像を遥かに超える。
そしてその痛ましさの形も様々だ。
この映画でまた新たな悲劇に出会ったわけだが、こうした隠された戦争の悲劇を掘り起し、映画として結実させた勇気と熱意には頭が下がる。
心揺さぶられる映画だった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画


Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「トンネル 闇に鎖(とざ)された男」

tonnel.jpg

題名どおり、崩落したトンネル内に閉じ込められた人間を、どうやって救出するかを描いた韓国映画である。
そのことだけに突出し、そして手を変え品を変えながら物語を展開させていく。
その工夫の利いたストーリーと迫力は、まさに一級品。
監督・脚本のキム・ソンフンは、この映画で初めて知ったが、なかなかの手腕である。

映画が始まるや、ほとんど何の前触れもなく一気にトンネル崩壊へと突入、閉じ込められた男がいかに生き延びるか、そしてそれをどのように救助するのか、そのことだけに焦点を合わせて力強く物語を進めていく。
そしてその深刻な話の中に、時にユーモアを交え、またマスコミや企業、政府などへの批判も込めながら、現場で起こり得るに違いないあらゆることを想定しながら話を組み立てていく。
そのひとつひとつが考え抜かれたものであり、しかもスケール感があってリアル。
それによってわれわれ観客を、混乱と緊張で張りつめた救出現場へと連れ去り、その臨場感に一喜一憂させる。

トンネル内に閉じ込められた男、その妻、そして救助隊の隊長、この3人を中心にストーリーは展開していく。
そしてそれぞれがけっして諦めないという強い意志をもって困難に立ち向かっていくが、そうした意志だけではどうにもならない壁が立ち塞がってくる。
お決まりの展開ではあるが、その描き方はソツがなく、納得がいく。
そこに生まれるドラマには思わず涙を誘われた。

この映画で、また韓国映画のレベルの高さを、思い知らされた。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画


Category: 暮らし

Comment (0)  Trackback (0)

孫と過ごした3日間、3日目

3日目は近くの河西体育センターに泳ぎに行くことにした。
そのため水着やゴーグルが必要である。
確か昔スイミングスクールに通っていた時のものがあるはずと探してみたが、見つからない。
仕方がないので買うことにした。
孫の面倒を見るためだけなので、安いものでいいと「ゼビオ・スポーツ」で探してみると、1450円というのがあった。
ただしMサイズしかない。
それでも間に合わせなので、これでもいいと買うことにした。
家に帰って試しに穿いてみると、案の定小さい。
まあ仕方がない。
我慢して穿くことにした。

swim1.jpg

次はゴーグルとスイミングキャップである。
確か以前100円ショップで目にしたことがあったので行ってみたところ、やはりあった。
これを買うことにした。
何か必要なものがあればまずは100円ショップである。
探してみれば予想外なものが置いてある。
そういうわけでこれですべての用意ができたのである。
予想以上の安上がりであった。

さっそく孫を連れて河西体育センターに出かけた。
受付で説明を聞くと、市内在住の小学生と65歳以上の高齢者は無料だという。
有難いことだ。
気分よく入場した。

swim2.jpg

更衣室で着替えをし、シャワーを浴びてプールに入る。
プールで泳ぐのは何年ぶりだろう。
40代の頃以来なので、20数年ぶりということになる。
何だか懐かしい気分だ。

孫はほとんど泳げないので、そばを離れることができない。
プールの一部が柵で囲まれて子供用に浅く作られているところで孫を遊ばせる。
その横で、少しだけ泳いでみた。
以前のようには泳げないが、それでも何回か泳ぐうちには次第に勘が戻ってきた。
こうして2時間弱プールで遊んだが、孫といっしょにプールで遊ぶのもなかなかいいものだ。
だが久しぶりで泳いだせいか、予想以上に疲れた。
それでも孫が思いのほか楽しんでくれたので、よかった。
夏休みが終わるまでには、また何回か連れてこようかなと思っている。

テーマ : 夏休み/お盆休み  ジャンル : 日記


Category: 暮らし

Comment (0)  Trackback (0)

孫と過ごした3日間、2日目

2日目は柏のシネマ8に映画を観に行った。
「ジュラシック・ワールド 炎の王国」である。

jurasic.jpg

せっかくだから鶴田の孫も一緒に連れていくことにした。
連絡すると、父親も同伴で着いてくるという。
9時半に現地で待ち合わせることにした。

待ち合わせ時間より10分ほど早く着いた。
鶴田のふたりはすでに着いて待っていた。
映画館の開場が9時半からということで、入り口にはすでに20人ほどの列が出来ている。
いっしょに並んで開場を待つことに。
数分後開場、今度はチケット売り場に並んだ。
ここでもやはり10分以上待たされ、さらに隣のフードコートでも待たされること10数分、結局映画が始まるギリギリまで待たされることになったのである。
やはり夏休みということで、この混み様なのであろう。
早めに来てよかった。

映画は吹き替え版だったが、見応えじゅうぶん。
やはり映画館のスクリーンは迫力がある。
孫たちも思いっ切り楽しんだようだ。

映画が終わった後は、鶴田の孫は「りんご娘」のライブがあるからと、そちらに移動することになった。
ちなみに「りんご娘」は、青森県の地元アイドルで、津軽地方を中心にライブ活動を行っているグループだ。
鶴田の孫は近くでイベントがあると必ず行くというファンで、将来そのグループの一員になりたいという夢を持っている。

180814-1.jpg

われわれふたりは別れて、映画館に隣接している「つがる市図書館」に行ってみることにした。
2016年に出来た図書館である。
エントランスには「タリーズコーヒー」が併設されており、館内へのコーヒーなどの飲料の持ち込み可能となっている。
いちど来てみたかった図書館である。

180814-2.jpg

館内は広々とした窓に囲まれて明るく、開放的な造りである。
ゆっくりと過ごしたかったが、この日は時間がなかったので、またもういちどあらためて訪れることにして図書館を後にした。

テーマ : 夏休み/お盆休み  ジャンル : 日記


Category: 暮らし

Comment (0)  Trackback (0)

孫と過ごした3日間、1日目

今年のお盆は孫と過ごした。
13日から15日までの3日間である。
昨年までは保育園だったので、夏休みはなく、毎日保育園に通って過ごせたが、今年は小学生になったので、それができなくなった。
そのため日中は児童館で面倒を見てもらうしか方法がなく、そうなるとせっかくの夏休みなのに味気ないだろうと考え、預かることにしたのである。
その3日間の様子を記録しておく。

まず13日はお墓参りに行った。
新町にある専求院(せんぐいん)である。
暑くなると思ったので、午前中に済ませることにした。
お寺に着くといつもと違って大勢の参拝客で賑わっていた。
いかにもお盆といった風景である。
まずは位牌堂に行って持参の花と果物と菓子、そして水を供えた。

180813-1.jpg

180813-2.jpg

次は墓場に移動し、花を供えて墓の掃除。
孫が一生懸命手伝ってくれた。
掃除を済ませた後は、孫と並んで手を合わせた。

180813-3.jpg

お墓参りの後は、お寺で参拝客用に用意してくれたかき氷をいただいた。
これも例年通りの行事である。
かき氷に孫は大満足。
これがいちばんのお目当てだったかもしれない。
一緒に来た甲斐があったというものだ。

家に帰った後は、野球とバトミントンで遊んだ。
この日のために買っておいたオモチャの道具を使った遊びであるが、それでも夢中になって遊んだ。
最初はうまく出来なかったが、しばらくやると少しコツを掴んだようで、うまく当たるようになった。
歓声を上げて大喜びである。
最終的には野球よりもバトミントンのほうが気に入ったようで、以後3日間は時間があればバトミントンにつき合わされることになった。

テーマ : 夏休み/お盆休み  ジャンル : 日記


Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」

kanojogasiranai.jpg

不快な人物、不快な行動、そして不快な展開、心を逆撫でするような場面ばかりが延々と続く。
もちろんそれはこの映画の意図するところであり、敢えて露悪的ともいえるほどそれらを積み重ねていく。
それが白石和彌監督のスタイルなのだということはよく判る。
だが、それを観続けるのは、やはりかなりのエネルギーを強要されることになる。
それでいてどうしても画面から目が離すことができないのは、この映画がもつ力強さゆえ。
先日観た「葛城事件」も不快感全開の映画だったが、こちらも負けていない。
そういえば「葛城事件」での三浦友和は高圧的なクレーマーであったが、この映画の蒼井優もかなり陰湿なクレーマーである。
その嫌味な態度は腹立たしく不快。
さらに彼女の言動、人間関係など生活すべてが不快な色彩に彩られている。
また彼女がつき合う恋愛相手ふたり(竹野内豊、松坂桃李)が、いずれも小狡く計算高いダメ人間。
そんなダメ人間ばかりのなか、唯一異色なのが阿部サダヲ演じる佐野陣治という男。
蒼井優演じる十和子の同棲相手で、十和子から蔑まれ、手ひどい仕打ちを受けているにも関わらず、献身的に尽くそうとする。
だらしなく働かない十和子の生活の面倒は、彼がすべて支えているが、それでいながら十和子は傍若無人に自分勝手な行動ばかりをとる。
都合よく彼を利用し、完全にバカにしきっているのである。
それでもめげずに、十和子に気に入られようと、どこまでも尽くそうとする。
まさしく現代版「痴人の愛」である。
文豪・谷崎が描いた被虐の世界を現代に移し変えたような話である。
究極の優しさ、究極の愛、狂気の愛ともいえる。
その行きつく先には、不吉な影が見え隠れしているが、その予感を超える驚きの結末が用意されている。
こんなことが果たして現実にあり得るのかと思えるような結末である。
その結末がこの映画最大の胆ではあるが、いっぽうそれをどう受け取るかによって、この映画の評価が大きく変わることになる。
賛否が大きく分かれるところ。
いずれにしてもこれは「葛城事件」に負けず劣らずの問題作。
そして最後にもうひとつ、この映画には「葛城事件」の赤堀雅秋監督が、刑事役として出演していることも付け加えておこうと思う。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画


Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「葛城事件」

katsuragijiken.jpg

譬えようもないほど重い映画である。
「人生の悲劇の第一幕は親子となったことにはじまっている。」というのは、芥川龍之介の「侏儒の言葉」の中で書かれた言葉であるが、この映画はその究極ともいえるような姿を描いている。
その閉塞感、行き止まり感は尋常ではない。
そしてそれが絵空事だと追いやれるほど現実離れしたものではなく、むしろこうしたことは誰の身にも起こりうることなのかもしれないと思わせられるだけに重く迫ってくる。
目を背けることができないのである。

ボタンの掛け違え、感情のもつれ、そうしたことはどんな家庭でも見られることである。
だがそれが修復されず、滓のように積み重なっていくことで、考えもしなかったような悲惨な結果に繋がってしまうことがある。
この映画ではそうした家庭の風景が、ひとつひとつ丁寧に掬い取られて克明に描かれていく。
その元凶となるのが、家父長制の遺物のような父親の存在である。
傲岸不遜で人を人とも思わない。
そんな暴君な父親に、母親もふたりの息子も反抗できず、ただただ黙って従うだけ。
その結果、家庭は崩壊、長男は自殺、次男は無差別殺傷事件を起こして死刑、そして母親は精神に異常を来して施設に入院。
最悪の結末を迎えることになってしまうのである。
それでも父親は自らの態度を顧みることなく、「俺がいったい何をした!」と叫ぶ。
そして世間に牙を剥くことで、自らの身を守ろうとする。
必死に喘ぐその姿は禍々しく、哀れであり、そして時に滑稽でもある。
演じるのは三浦友和。
その渾身の演技には圧倒される。
「俺は、やるべきことはやってきたんだ」と、どこまでも自らを主張して居直る姿には、反撥しか覚えないが、それでも時間とともに次第に印象が変わっていく。
そして絶望の果てのふてぶしさといったものに対して感動さえも覚えるようになっていく。
映画はこの歪な男をけっして否定的に見るだけでは終わらない。
人間としての脆さ、哀しさを持った血の通った人間としてリアルに描き切っている。
彼は現実離れをしたモンスターなどではなく、どこにでもいる人間が何かの拍子でこうしたモンスターになるのだという危うさを示唆している。
そのことに強い戦慄を覚えるのである。
そして混迷する今という時代だからこそ作られた映画なのだということを、痛いほど感じたのである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画


Category: 外国映画

Tags: ウディ・アレン  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「カフェ・ソサイエティ Cafe Society」

cafe-society.jpg

ウディ・アレンの自画像。
主人公の青年ボビーを演じるジェシー・アイゼンバーグは、ウディ・アレンそのもの。
チビで猫背のユダヤ人。
それなのに、美人にはモテるし成功も手にする。
しかしそれでいてけっしてそこで満足することはなく、さらなるアバンチュールを求めてしまう。
これはもうどう見たって、ウディ・アレン以外にはありえない。
そんな人物を主人公にしたラブ・コメディである。

1930年代のハリウッドとニューヨークが舞台である
ハリウッドでは華やかな映画産業の舞台裏が、虚実入り混じって皮肉に描かれる。
誰もが知る有名俳優やプロデューサーそして監督たちの名前が数多く連発されるが、誰ひとり登場することはない。
そこは多くの有名作家たちを登場させた「ミッドナイト・イン・パリ」とは対照的。
その華やかな世界に憧れて、主人公ボビーがハリウッドにやってくる。
そしてそこで成功している叔父フィルの使い走りをやることで、次第にハリウッドの水に染まってゆく。
そのなかで秘書のヴォニーと恋に落ち、結婚間近というところまでいくものの、思わぬ障害が現れて破局を迎えることになる。
傷心のボニーはハリウッドでの生活を諦めて、ニューヨークに戻っていく。
そこでギャングとなって勢力を伸ばしている兄ベンが経営するナイトクラブを手伝うことになる。
そして次第に手腕を発揮、とうとう支配人となって成功を手にすることになる。
同時に洗練された美人のヴェロニカという女性と出会って結婚、公私ともに絶頂期にある彼の前に、昔の恋人ヴォニーが現れる。

こうした物語が洗練された音楽と美術、そしてウイットに富んだ会話の積み重ねで、いつも通りテンポよく描かれていく。
その軽やかなフットワークは、ますます円熟味を増したように感じられる。
いつの間にかアレン的世界に心地よく引き込まれていった。
そして気がつけば、おかしくてほろ苦い結末へと導かれていく。

人生はなかなかうまくいかないもの。
それでも人生は限りなく素晴らしい。
ここでもそんなウディ・アレンの切ない呟きが聞こえてくるのである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画


カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2018