風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「君の名は。」

kiminonaha.jpg

話題の映画「君の名は。」を観た。
昨日のニュースによると、この映画は公開から28日間で累計観客動員770万人、興行収入100億円を突破したそうだが、その驚異的なヒットが頷ける素晴らしい内容の映画であった。
男女の高校生の身体が入れ替わる話という予備知識から大林宣彦の「転校生」を連想したが、その設定は飽くまでも物語への入り口というだけのもので、内容的には「転校生」とはまったく異なるものであった。
それを導入部として予想もつかないダイナミックな物語へと展開していく。
そしてラストでは暖かく切ない余韻を残して終わる。
もう完全に打ちのめされてしまった。
いい意味で予想を覆されたのである。

新海誠監督の映画を観るのはこれが初めて。
調べてみると、これまでに6本の劇場用アニメを作っており、アニメ界では知る人ぞ知る存在ということだ。
彼のアニメの特徴として挙げられるのは、風景描写の緻密さ・美しさである。
それはこの映画でも如何なく発揮されており、実写かと見紛うばかりの緻密で精巧な風景描写が背景として描かれている。
なかでも空の美しさは印象的で、映画が終わった後も幾たびも空を見上げてしまったほどである。
しかしその映像はけっして現実をそのままに描き写したというわけではない。
そのなかから取捨選択した必要な物だけを描くことで、世界を再構築している。
そしてそのリアルな映像とファンタジーが絶妙に交じり合うことで、新海誠独自の「新海ワールド」が形作られているのである。
そこで語られる恋や友情や青春といったものが、けっして若者だけのものではなく、あらゆる世代の人の心に確実に響いてくるのは、そうやって作られた映像が確実に時代性と普遍性を獲得しているからなのである。

今年観た映画の中でナンバーワンの映画、いやここ数年のなかでもナンバーワンといってもいいかもしれない。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 月別観た映画と読んだ本

Comment (0)  Trackback (0)

今月観た映画と読んだ本(2016年8月)

観た映画


ukigumo.jpg
「浮雲」
1955年 監督:成瀬巳喜男 出演:高峰秀子/森雅之/中北千枝子/山形勲/岡田茉莉子/加東大介/千石規子/金子信雄


onnagakaidan.jpg
「女が階段を上る時」
1960年 監督:成瀬巳喜男 出演:高峰秀子/森雅之/加東大介/中村鴈治郎/仲代達矢/小沢栄太郎/団令子/淡路恵子/賀原夏子/織田政雄/中北千枝子


midareru.jpg
「乱れる」
1964年 監督:成瀬巳喜男 出演:高峰秀子/加山雄三/三益愛子/草笛光子/白川由美/中北千枝子/十朱久雄/北村和夫


nagareru.jpg
「流れる」
1956年 監督:成瀬巳喜男 出演:田中絹代/山田五十鈴/高峰秀子/杉村春子/岡田茉莉子/中北千枝子/栗島すみ子/宮口精二/加東大介/仲谷昇


eiennohito.jpg
「永遠の人」
1962年 監督/脚本:木下恵介 出演:高峰秀子/仲代達矢/佐田啓二/加藤嘉/野々村潔/永田靖/浜田寅彦/乙羽信子/田村正和/石浜朗


harikomi.jpg
「張込み」
1958年 監督:野村芳太郎 出演:宮口精二/大木実/高峰秀子/田村高廣/高千穂ひづる/藤原釜足/浦辺粂子/内田良平/多々良純/芦田伸介/菅井きん/清水将夫/北林谷栄/小田切みき


namonaku.jpg
「名もなく貧しく美しく」
1961年 監督/脚本:松山善三 出演:高峰秀子/小林桂樹/原泉/草笛光子/沼田曜一/根岸明美/荒木道子/高橋昌也/加山雄三/藤原釜足/小池朝雄/河内桃子/加藤武/多々良純/南美江


higanbana.jpg
「彼岸花」
1958年 監督/脚本:小津安二郎 出演:佐分利信/田中絹代/有馬稲子/佐田啓二/岡田茉莉子/桑野みゆき/久我美子/高橋貞二/笠智衆/浪花千栄子/山本富士子


sanmanoaji.jpg
「秋刀魚の味」
1962年 監督/脚本:小津安二郎 出演:笠智衆/岩下志麻/佐田啓二/三上真一郎/岡田茉莉子/中村伸郎/北龍二/東野英治郎/杉村春子/吉田輝雄/加東大介/岸田今日子/三宅邦子/高橋とよ


bakusyu.jpg
「麦秋」
1951年 監督/脚本:小津安二郎 出演:原節子/笠智衆/三宅邦子/杉村春子/菅井一郎/東山千栄子/高堂国典/淡島千景/高橋豊子/佐野周二/二本柳寛/宮内精二


sousyun.jpg
「早春」
1956年 監督/脚本:小津安二郎 出演:池部良/淡島千景/岸恵子/高橋貞二/浦辺粂子/田浦正巳/山村聡/三宅邦子/東野英治郎/中北千枝子/須賀不二夫/田中春男/三井弘次/加東大介/中村伸郎


bansyun.jpg
「晩春」
1949年 監督/脚本:小津安二郎 出演:原節子/笠智衆/杉村春子/三宅邦子/三島雅夫/坪内美子/月丘夢路/桂木洋子/宇佐美淳/高橋豊子


tokyobosyoku.jpg
「東京暮色」
1957年 監督/脚本:小津安二郎 出演:原節子/有馬稲子/笠智衆/山田五十鈴/中村伸郎/田浦正巳/宮口精二/杉村春子/高橋貞二/信欣三/山村聡/須賀不二夫/高橋貞二/桜むつ子/藤原釜足/宮口精二/浦辺粂子/


akibiyori.jpg
「秋日和」
1960年 監督/脚本:小津安二郎 出演:原節子/司葉子/岡田茉莉子/佐分利信/中村伸郎/北龍二/笠智衆/佐田啓二/沢村貞子/桑野みゆき/三宅邦子/桜むつ子/高橋とよ/田代百合子/三上真一郎/設楽幸嗣/渡辺文雄/千之赫子


ukikusa_20160831062325f94.jpg
「浮草」
1959年 監督/脚本:小津安二郎 出演:中村鴈治郎/杉村春子/京マチ子/若尾文子/川口浩/浦辺粂子/笠智衆/三井弘次/潮万太郎/田中春男/賀原夏子/桜むつ子/野添ひとみ/高橋とよ


bakgiku.jpg
「晩菊」
1954年 監督:成瀬巳喜男 出演:杉村春子/細川ちか子/望月優子/上原謙/加東大介/見明凡太朗/小泉博/坪内美子/有馬稲子/沢村貞子/沢村宗之助



ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

ふたりだけの名作映画上映会

古い日本映画を観直している。
きっかけは高峰秀子の自伝「わたしの渡世日記」である。
10年前、家を建てかえた際、本はほとんど処分してしまったが、映画関係の本だけは少し残しておいた。
そのなかにこの本があったのだが、家内から何かいい本はないかと尋ねられ、この本を薦めたところ、その面白さにすっかり嵌ってしまった。
そして読み終わった後、高峰秀子の映画を観たいと言い出したことから、古い映画を観ることにしたのである。

20160822-1a.jpg

まず最初に観たのは、「浮雲」と「女が階段を上る時」、そして「乱れる」と「流れる」、いずれも成瀬己喜男監督作品である。

20160822-2.jpg

さらに木下恵介監督の「永遠の人」、野村芳太郎監督の「張り込み」、そして松山善三監督の「名もなく貧しく美しく」と続く。
そしてその後は高峰秀子の主演作からいったん離れて、同時代の名作へと移っていったのだが、レンタルで探すとなると観ることができる作品はどうしても限られてくる。
いちばん手に入れやすいのは小津作品である。
そこで小津作品を集中的に観ることにした。

20160822-3.jpg

20160822-4.jpg

20160822-5.jpg

「彼岸花」、「秋刀魚の味」、「麦秋」、「早春」、「晩春」、「東京暮色」、「秋日和」、「浮草」。
さらに成瀬作品の「晩菊」を観た。

これらを休みの日には3本、普段の夜に1本といったように、次々と観続けた。
家内とふたりだけの名作映画上映会である。

これらの作品は、ほとんどが昭和30年代に作られたものばかり。
そこに映し出される風景や生活は、子供時代のもの。
当時のことが懐かしく思い出される。
そして忘れていた記憶や、新しい発見が、これらの映画を通して鮮やかに浮かび上がってきたのである。
観終わった後も、そうした話題で盛り上がり、話が尽きず、懐かしく楽しい時間を過ごすことになったのである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 月別観た映画と読んだ本

Comment (0)  Trackback (0)

今月観た映画と読んだ本(2016年7月)

観た映画


100en-s.jpg
百円の恋
2014年 監督:武正晴 出演:安藤サクラ/新井浩文/稲川実代子/早織/宇野祥平/坂田聡/沖田裕樹/吉村界人/松浦慎一郎/根岸季衣


gunman.jpg
「ザ・ガンマン」
2015年アメリカ/スペイン/イギリス/フランス 監督:ピエール・モレル 出演:ショーン・ペン/ハビエル・バルデム/イドリス・エルバ/レイ・ウィンストン/レイ・ウィンストン/マーク・ライランス/ジャスミン・トリンカ


warrior-s.jpg
ウォーリアー
2011年アメリカ 監督/脚本:ギャヴィン・オコナー 出演:トム・ハーディ/ジョエル・エドガートン/ニック・ノルテ/ジェニファー・モリソン/フランク・グリロ


nobi.jpg
「野火」
2015年 監督/脚本:塚本晋也 出演:塚本晋也/リリー・フランキー/中村達也/森優作/中村優子/山本浩司/


318BWMFF0ML.jpg
「野火」
1959年 監督:市川崑 出演:船越英二/ミッキー・カーチス/滝沢修/稲葉義男/佐野浅夫/浜村純/




読んだ本


hina.jpg
「雛の棲家」(佐伯一麦 現代小説)


51XHKK5G0GL.jpg
「にんげんのおへそ」(高峰秀子 エッセイ)




ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「ウォーリアー」

warrior.jpg

先日観た「百円の恋」に続いてまたもや格闘技ものである。
「百円の恋」はボクシング映画だったが、こちらは総合格闘技。
父親の酒が原因で崩壊した家庭に育った兄弟ふたりが、その複雑な事情ゆえに離反をしてしまう。
そして対立したまま、「スパルタ」という総合格闘技大会に出場して勝ち進み、最後はふたりが残って雌雄を決するというのがこの映画の大まかなストーリーである。
背景となる人間ドラマはしっかりと描き込まれており、その部分だけでも十分魅力的だが、しかし何といってもこの映画の見所は迫力ある格闘シーンである。
兄弟を演じるジョエル・エドガートンとトム・ハーディの鍛えた肉体とアクションは、とてもシロートとは思えない迫力で、手に汗を握って観てしまう。
この映画のためにかなりのトレーニングを積んだのではないかと思われる。
そのふたりの因縁あるぶつかり合いは、涙なしには見られない。
そして試合後に訪れる深い感動。
近年まれに見る格闘技映画の傑作だ。
まさに題名どおり「ウォーリアー」(戦士)の映画である。
それにしてもこれが日本未公開映画というから驚きだ。
未公開映画のなかには、時にこうした傑作が眠っていることがある。
それに出会えた偶然に感謝である。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「百円の恋」

hyakuen.jpg

低予算でマイナーな映画ながら、昨年度(第39回)の日本アカデミー賞最優秀脚本賞(足立岬)と最優秀主演女優賞(安藤サクラ)を受賞した作品。
話題作ながら、レンタルショップに置いてある本数が少ないため(どの店でもたった1本のみ)なかなか借りることができなかったが、ようやく借りて観ることができた。

女性が主人公のボクシング映画といえば、イーストウッド監督の「ミリオンダラー・ベイビー」がすぐに思い浮かぶ。
ヒラリー・スワンクの熱演ぶりが、印象に残る映画だが、「百円の恋」の安藤サクラの熱演もそれに負けてはいない。
いやむしろそれを上回るものがある。
生半可ではない女優魂を見ることができる。
この映画の成功は、ひとり彼女の熱演に負っているといっても言い過ぎではない。
それほど彼女の存在感は印象に残る。

自堕落で、家族から鼻つまみにされるどうしようもない30女が、ボクシングと出会ったことで生きる気力や目的を見出していくというこの映画には、人生を投げてしまったようなダメ人間ばかりが登場する。
題名に「百円」とあるように、チープな人間ばかりなのである。
だがそんなチープな人間でも、ひとたび夢中になれるものに出会えば、これほどひたむきに、そして精彩を放つことができるのだということを見せてくれるのである。
そしてそれを見ているうちに、いいようのない感動が押し寄せてくることになるのである。
それはけっして爽やかな姿というわけではない。
歪な人間が歪なまま、しかし正真正銘のひたむきさでボクシングの世界へとのめり込んでいく。
カッコ悪さが、こんなにもカッコいいのだということを、この映画が久しぶりに思い出させてくれた。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 月別観た映画と読んだ本

Comment (0)  Trackback (0)

今月観た映画と読んだ本(2016年6月)

観た映画


intern.jpg
「マイ・インターン」
2015年アメリカ 監督/脚本:ナンシー・マイヤーズ 出演:ロバート・デ・ニーロ/アン・ハサウェイ/レネ・ルッソ/アダム・ディバイン/ザック・パールマン/シリア・ウェストン/メアリー・ケイ・プレイス


tumahenoieji-s.jpg
「妻への家路」
2014年中国 監督:チャン・イーモウ 出演:コン・リー/チェン・ダオミン/チャン・ホエウェン/チェン・シャオイー/リウ・ペイチー/イエン・ニー/ズー・フォン


spivet.jpg
「天才スピヴェット」
2013年フランス=カナダ 監督/脚本:ジャン=ピエール・ジュネ 出演:カイル・キャトレット/ヘレナ・ボナム・カーター/ジュディ・デイビス/カラム・キース・レニー/ニーアム・ウィルソン


1600.jpg
「わたしに会うまでの1600キロ」
2014年アメリカ 監督:ジャン=マルク・ヴァレ 出演:リース・ウィザースプーン/ローラ・ダーン/ミヒル・ホイスマン/ダブル・アール・ブラウン/ギャビー・ホフマン/ブライアン・ヴァン・ホルト


on-the-highway.jpg
「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」
2013年イギリス アメリカ 監督/脚本:スティーブン・ナイト 出演:トム・ハーディ/ビル・ミルナー/ダニー・ウェッブ/アリス・ロウ





読んだ本


tsumawo-s.jpg
つまをめとらば(青山文平 時代小説)


kakeotiru.jpg
「かけおちる」(青山文平 時代小説)



ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 読書

Tags: 時代小説  短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

青山文平「つまをめとらば」

tsumawo.jpg

図書館で予約していた小説、「つまをめとらば」の順番がようやく回ってきた。
予約したのが3月だったので、2ヶ月待ちだったわけである。
昨年度の直木賞受賞という人気作品なので、これくらい待たされるのは仕方がないところ。
さっそく読んでみた。

青山文平の小説を読むのは、「流水浮木  最後の太刀」に続いてのことだ。
「流水浮木  最後の太刀」は長編小説だったが、こちらは短編集になる。
「ひともうらやむ」「つゆかせぎ」「乳付(ちつけ)」「ひと夏」「逢対(あいたい)」「つまをめとらば」の六篇の短編から成る。
主人公はすべて下級武士であるが、それぞれに秀でた余技を身につけている。
釣り針や釣り竿を作る技、漢詩や算学など、それによって「芸は身を助く」といった物語が展開されていく。
さらにそこに訳ありの女たちが絡むことで、深い陰影をつけ加えていく。
そこには作者自身が小説を書き始めた頃の経験や思いが、塗りこめられているようだ。
いずれの短編も甲乙つけがたい面白さ。
抑制された文章から紡ぎだされる物語は、時代小説がもつ香り立つような魅力に溢れている。
長編と短編の違いはあるかもしれないが、「流水浮木  最後の太刀」よりもさらに面白さが凝縮されている。
間違いなくこれからの時代小説界を担っていく小説家のひとりだろう。
こうした力量ある作家と出会えた幸運を噛みしめている。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 月別観た映画と読んだ本

Comment (0)  Trackback (0)

今月観た映画と読んだ本(2016年5月)

観た映画


sanma.jpg
「秋刀魚の味 デジタルリマスター」
1962年 監督/脚本:小津安二郎 出演:笠智衆/岩下志麻/佐田啓二/三上真一郎/岡田茉莉子/中村伸郎/北龍二/東野英治郎/杉村春子/吉田輝雄/加東大介/岸田今日子/三宅邦子/高橋とよ


monuments-men.jpg
「ミケランジェロ・プロジェクト」
2013年アメリカ 監督/脚本/製作:ジョージ・クルーニー 出演:ジョージ・クルーニー/マット・デイモン/ビル・マーレイ/ジョン・グッドマン/ジャン・デュジャルダン/ボブ・バラバン/ケイト・ブランシェット


run-allnight.jpg
「ラン・オールナイト」
2015年アメリカ 監督:ジャウム・コレット=セラ 出演:リーアム・ニーソン/エド・ハリス/ジョエル・キナマン/ビンセント・ドノフリオ/ニック・ノルティ/ブルース・マッギル/ジェネシス・ロドリゲス


revenant-s.jpg
レヴェナント 蘇えりし者
2015年アメリカ 監督/脚本:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演:レオナルド・ディカプリオ/トム・ハーディ/ドーナル・グリーソン/ウィル・ポールター/フォレスト・グッドラック//



読んだ本


tookiyamani.jpg
「遠き山に日は落ちて」(佐伯一麦 現代小説)


yoakenohasi.jpg
「夜明けの橋」(北 重人 時代小説)


natumesan.jpg
「夏目さんちの黒いネコ」(関川夏央 コラム)



ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「レヴェナント 蘇えりし者」

revenant.jpg

この映画でレオナルド・ディカプリオが、ようやくアカデミー主演男優賞を受賞した。
5度目のノミネートにしての初受賞である。
その受賞は当然と頷ける熱演である。
熊に襲われ全身傷だらけ、半死半生になり、絶体絶命の状況のなか、生き抜こうとする姿には鬼気迫るものがある。
これで受賞できなければ、どんな演技をやっても無理というほどの究極の熱演である。
間違いなく彼の代表作になる。

監督はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、メキシコ出身の監督である。
昨年観た「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に続いてのアカデミー監督賞受賞である。
さらに撮影は「バードマン」と同じくエマニュエル・ルベツキ、一昨年の「ゼロ・グラビティ」さらに昨年の「バードマン」、そしてこの作品と、3年連続のアカデミー撮影賞の受賞である。
史上初のことである。
その受賞が示すように、この映画の映像美がとにかく凄い。
全編自然光だけで撮影されたという極寒の地の自然美が息をのむほど美しい。
また「バードマン」同様、ここでも長回しが多用されているが、これはエマニュエル・ルベツキの撮影の大きな特徴である。
それによって画面に息をのむような緊張感が描き出されている。

究極のサバイバル映画である。
先日読んだジャック・ロンドンの「火を熾す」を思い出した。

それにしても熊に襲われるシーンの何とリアルなことか。
野生の荒々しさや熱い息遣いは、本物の熊を使ったのかと思えるほどのリアルさである。
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」の虎も凄かったが、この熊も凄い!
またこのシーン以外にも「いったいどうやって撮影したんだろう」というシーンの連続である。
映画技術の進歩の著しさに、あらためて目を見張らせられた。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2016